2013/11/17

風疹生ワクチン産みの親、PlotkinのVACCINESには風疹ワクチン接種方法に以下のように書かれてます。 Although many possible strategies for the prevention of CRS have been used, there are two basic approaches: CRS reduction and rubella/CRS elimination. CRS reduction focuses exclusively on immunizing adolescent girls or women of childbearing age, or both groups. This approach will provide direct protection to women of childbearing age; however, the impact of this strategy is limited by the coverage achieved and the range of age groups targeted. The second approach focuses on interruption of rubella virus circulation, thereby eliminating rubella and subsequently CRS. In principal, assuming high coverage, routine vaccination of infants alone would eliminate CRS in 25 to 30 years. Countries can shorten the time frame to elimination by vaccinating wider age ranges. Rubella and CRS will be eliminated within approximately 10 to 20 years when vaccination at high coverage is provided to young children and adolescents (for example, children aged 1 to 14 years), and within 10 years when vaccination at high coverage is provided to young children, adolescents, and adults. 女性をターゲットに接種するのでは風疹ウィルスの環境からの排除ができない。幼児に限って風疹ワクチン接種では風疹排除に25-30年要する。風疹ワクチン接種年齢を1~14歳に広げると10-20年で排除できる。そして、幼児、小児、青年、成人に接種すれば10年位内に排除できる。 AMAZONで誰でも買えるテキストに書かれていることだから、それこそ、厚労省の委員会のメンバー当然ご存知のことです。しかし、それができてないのは、何故か?やっぱり、背景には一人のCRS予防より彼らにとって大事なことがあるのでしょう。それを覆すにはどうすればいいかな。 きっと風疹ワクチン接種枠拡大すればワクチン不足をきたすと言うでしょうが、それこそ海外メーカーにお願いして契約して作ってもらって輸入して接種って、またまた国家検定か。イモバックスポリオの導入に際し、漏れ伝わる厚労省の担当官の談話「厚労省がメーカーに製造承認申請を依頼することはない。メーカーの意思で申請されるので、それを審査するのみ」と。それなら、10年以上前に既に化血研から申請済のメルク社製MMRIIを早く審査して承認するなり、却下するなりして欲しい。書類棚晒しって、これこそ大問題。 いま、風疹に関心が高まり、日頃ワクチンに触れることの少ない大人も風疹ワクチン接種を希望している。この時を逃すことなく、国をあげてワクチン接種を勧めるべきだ。そうでもしなければ2020年の東京オリンピックに際し、IOCから、東京へオリンピック観戦に行くときは風疹感染に要注意なんて警告がでるかもしれない

via Facebook
コメントを投稿