2019/07/09

熱中症予防・対策〜根拠ある冷し方

去年の夏書いて投稿し忘れてた。とても大事なこと。

熱中症の予防・治療というとどこまでが予防でどこから治療なの?

汗かくから水をこまめにとってとラジオテレビが叫び続けてる。

でも汗の体温下げる効果には限界あり。

で、体を冷やすときに首、脇の下、鼠径部を冷やせ!と言われる。

首はともかく脇の下、鼠径部は服の上から冷やしても効果ないし、脱がさなければできない。ズボン、スカート脱がしたら下手したらセクハラなんてね

効果ある冷し方を研究するのに、熱中症の症状を人為的に作って検討するのはなかなか難しい。

そこで、運動させて体温、深部体温を上げて、冷や方を比べてみる。

従来ほとんどの医師も教育者もテレビも新聞も、とにかく太い血管のある部分、

つまり首、脇、鼠径部(股のドクドク脈を触れるとこ)を冷やせ!と言う。

ホンマでっか?

そこで、ちょっと調べたら以下のブログがありました

首脇鼠径部より手足頬冷却のほうが深部体温早く下がるのです。スカート、パンツ下げなくて良い

https://conditioning-lab.jp/interview/2017/08/28/20170828120000.html


もとの論文は以下のもの

Novel application of chemical cold packs for treatment of exercise-induced hyperthermia: a randomized controlled trial.
運動誘発性温熱療法の治療のための化学コールドパックの新規適用:無作為化対照試験

Wilderness Environ Med. 2015 Jun;26(2):173-9. doi: 10.1016/j.wem.2014.11.006. Epub 2015 Mar 12.
Lissoway JB1, Lipman GS2, Grahn DA3, Cao VH3, Shaheen M4, Phan S5, Weiss EA1, Heller HC3.

Author information:

1. Division of Emergency Medicine, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA (Drs Lissoway, Lipman, and Weiss).
2. Division of Emergency Medicine, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA (Drs Lissoway, Lipman, and Weiss). Electronic address: grantlip@hotmail.com.
3. Department of Biology, Stanford University, Stanford, CA (Drs Grahn and Heller; Mr Cao).
4. Stanford-Kaiser Emergency Medicine Residency, Stanford, CA (Dr Shaheen).
5. Department of Engineering, Stanford University, Stanford, CA (Dr Phan).

Abstract
要約

OBJECTIVE:
目的

Heat-related illness is a common disease with significant morbidity and mortality. 
熱関連疾患は、重大な罹患率および死亡率を伴う一般的な疾患です(Google翻訳)

Despite no proven efficacy, application of chemical cold packs (CCP) to the skin overlying the large vessels of the neck, groin, and axillae is a traditional recommended cooling modality. 
証明されてない有効性にもかかわらず、首、鼠径部、および腋窩の大きな血管を覆う皮膚への化学コールドパック(CCP)の適用は、伝統的な推奨される冷却法です。

The study objective was to compare the cooling rates of CCP applied to these traditional areas vs the glabrous skin surfaces of the cheeks, palms, and soles in exercise-induced hyperthermia.
この研究の目的は、運動誘発性温熱療法における頬、手のひら、および足の裏の皮脂疹表面に対するこれらの伝統的な領域に適用されたCCPの冷却速度を比較することでした。
METHODS:
方法

Ten healthy adult male volunteers walked on a treadmill in a heated room (40°±0.5°C) while wearing insulated military overgarments until their esophageal temperatures (Tes) reached 39.2°C. 
健康な成人男性ボランティア10人が、断熱された軍服を着用しながら、加熱された部屋(40±0.5℃)のトレッドミルを歩いて、彼らの食道温度(Tes)が39.2℃に達するまで歩いた。

Each participant had three heat stress trials on separate days: no treatment followed by randomly ordered traditional (neck, groin, and axillae) cooling and glabrous skin cooling.
各参加者は別々の日に3回の熱ストレス試験を受けた:治療なし、その後に無作為に順序付けられた伝統的な(首、鼠径部、および腋窩)冷却および眉毛状皮膚冷却*を受けた。
*頬、手のひら、および足の裏の冷却

RESULTS:
結果

With no treatment, Tes remained stable after the first 5 minutes of the heat trial (ΔTes=0.12°±0.07°C/10 min). 
無処理で、熱試験の最初の5分後にTesは安定したままであった(ΔTes = 0.12°±0.07℃/ 10分)。

Traditional cooling followed a linear decline (ΔTes=0.17°±0.04°C/10 min; P<.001). 
伝統的な冷却は直線的な低下を示した(ΔTes = 0.17±0.04℃/ 10分; P <0.001)。

Glabrous cooling enhanced the treatment effect by a steeper decline (ΔTes=0.30°±0.06°C/10 min; P<.001), significantly different from traditional cooling by 2-way analysis of variance (P<.001).
グラブラス冷却は急勾配の低下(ΔTes= 0.30±0.06℃/ 10分; P <0.001)により治療効果を高め、二元配置分散分析による従来の冷却とは有意に異なった(P <0.001)。
**グラブラス=頬、手のひら、および足の裏

CONCLUSIONS:
結論
Application of CCP to glabrous skin surfaces was more effective for treating exercise-induced heat stress than the traditional CCP cooling intervention. 
頬、手のひら、および足の裏へのCCPの適用は、伝統的なCCP冷却介入よりも運動誘発性熱ストレスの治療に有効であった。

This novel cooling technique may be beneficial as an adjunctive treatment for heat-related illness in the prehospital environment.
この新規な冷却技術は、入院前環境における熱関連疾患のための補助治療として有益であり得る。
さらに、以下の本、ほかのMLで知りました。

熱中症 防ぎ得た死 (危機管理) Kindle版

永田高志 (著)、2018年7月21日発売

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FS65R3L

人体はソフトクリームのようなもの。一度溶けると元には戻れない。

高体温で脳細胞機能が侵されると元に戻れない。

さっきまで元気だったのに、なにやら脳症のような認知症のような状況脳神経症状あったら時間との勝負、緊急に冷やす。

日陰で救急車を待ってるだけじゃなく、頬、手のひら足の裏をコールドパックで冷しましょう。

まさにプリベンタブルデス(予防可能な死)ですね

オリンピック、、日本の猛暑に慣れてない国からも大勢くるでしょう。

私は休診して避暑地に疎開するかも(笑)

0 件のコメント: